医者

治療方法を知ろう

看護師

下肢静脈瘤は足を流れる血液が停滞する病気です。症状としては足の血管が瘤のように浮き出る、色素沈着、足のだるさ、むくみ、痒みなどがあります。治療法には硬化療法やストリッピング手術、レーザー療法があります。この病気は自然治癒することはありませんので早めに専門の病院で診察を受けることが大切です。

Read More >>

病気の内容を知ろう

頭痛

脳動静脈奇形は先天的な理由で脳の血管が異常な形成をされてしまう病気です。動脈からの圧力が直接静脈に流れるので、血管がとても破裂しやすくなっているのが特徴です。対策としては外科手術によって直接取り除くことが必要になります。

Read More >>

足のだるさを治すには

足がだるくなるのは

診察

足がだるくなる病気のひとつとして考えられるのが下肢静脈瘤です。下肢静脈瘤とは下肢静脈の機能が低下して瘤のような状態になるものです。血管には動脈と静脈があり、動脈は心臓から身体の隅々まで血液を運ぶ役割を果たしており、静脈は身体の隅々まで行き渡った血液を心臓に送り込む役割があります。動脈の場合には心臓から送り出されるため圧力がかかっていますが、静脈の場合には圧力が弱いため心臓まで戻ろうとする力が弱い傾向にあります。特に足の場合には重力に逆らって血液を送り出す必要があるため静脈には逆止弁がありますが、この弁が正常に働かなくなると弁付近に血液が溜まりだし、瘤のような形になります。瘤が発生するということは血液が滞留しているためそれらがむくみやだるさの原因となります。

治す方法は

下肢静脈瘤を治す方法はいくつかありますが、基本的にはマッサージをすることで血行を良くすることが可能です。特に下肢静脈は筋肉の働きによって血液を送り出しているため屈伸運動や歩くといったことでも改善が見込めますし弾性ストッキングで圧迫することでも改善が可能です。一方で下肢静脈瘤は病院でも治療を受けることが可能です。治療としては薬によって静脈瘤を固めてしまう硬化療法、静脈自体を切除する手術によるストリッピング手術、また血管内に器具を挿入して高周波やレーザーで焼ききってしまう治療法などもあります。特にマッサージなどを行っても瘤が治らないような状態においては治療は有効な手段といえます。また下肢静脈瘤の治療は一部が保険の対象となっています。

こちらもおすすめ

  • 四谷・血管クリニック

    下肢静脈瘤は手術をしないで治せまます。治療内容に関する情報はここで紹介されているのでまずは確認してみましょう。
  • 下肢静脈瘤がよくわかるサイト

    下肢静脈瘤の症状や治療の内容を把握しておくと、いざというときにすぐ行動に移せますよ。降り注ぐリスクを一切なくしましょう。

腹膜播種の治療可能性

腹痛

胃がんや大腸がんなど腹腔内に発生した癌が腹膜に転移すると、癌性腹膜炎となります。腹膜に転移した癌細胞は完治させることが難しいため、従来は化学療法や腹水を取り除く処置によって延命とQOL向上を目指していました。新しい抗癌剤の開発や免疫療法の進歩によってその状況も変わりつつあります。

Read More >>