女医

治療方法を知ろう

足の血管が浮き出る病気

看護師

下肢静脈瘤とは静脈の中にある血流を支える弁が機能しなくなって、足を流れる血液が停滞し、足の静脈血管が浮き出る状態を指します。症状としては瘤のような血管が足に浮き出てきたり、血管の色が目に見えたり、皮膚炎や湿疹、色素沈着が起こります。また足がだるくて疲れやすい、むくみがある、痒みがあるといった自覚症状も現れます。下肢静脈瘤は自然に治るということはなく、放置しておくと加齢とともに悪化します。そのため早めに治療することが必要です。治療法には手術や薬を使うものと運動やマッサージなどを行う保存的療法があります。保存的療法には足の静脈の血流を促すマッサージや弾性ストッキングを用いますが、根本的な治療ではありません。

根本的に病気を治す

下肢静脈瘤の根本的な治療は専門病院で行われます。治療法には硬化療法、ストリッピング手術、レーザー療法などがあります。硬化療法とは硬化剤という特殊な薬剤を注射して静脈瘤を消してしまう方法です。またストリッピング手術は血液の逆流を起こしている静脈を手術によって抜き取る方法です。入院の必要がない硬化療法に比べてストリッピング手術は入院する必要があります。しかし硬化療法に比べて再発する可能性が低いのが魅力です。最近注目を集めているのはレーザー療法です。レーザー療法は細いレーザーファイバーを血管の中に入れレーザーで静脈を閉鎖させる方法です。短時間で治療が出来て傷跡もほとんど残らないのが人気の秘密です。下肢静脈瘤は循環器外科や形成外科などで治療を行っています。またネットで全国の下肢静脈瘤専門の病院を見つけることもできます。